朝8時から眼科診療
隣接駐車場完備。台数制限や区画の指定ありません

結膜下出血〜眼が真っ赤!?

結膜下出血とは白目の下に血液が出てしまった状態です。

白目が急に絵の具で塗ったように赤くなります。

これは白目の下をはしっている血管が何らかの原因で切れてしまうことによって起こります。白目の表面の組織のことを結膜といい、この下に出血しているということですので「結膜下出血」という名前になります。

単純な結膜下出血ではご自身では症状を自覚されないことが多く、ご家族や他の方から『眼が真っ赤ですよ!』と指摘されたり鏡を見てびっくりされてご来院される方が多いです。

 しかし単純な結膜下出血では多くの場合治療を必要としません。

皮膚の下で同様の出血が起こることを皮下出血(アザ)といいます。

皮膚は分厚いので皮膚の下の血液が青みがかった状態から黒っぽい状態に見えることが多いです。

アザが自然に引くのを待たないといけないように結膜下出血も点眼や内服で早く引かせるということはできません。自然に吸収されるのを待っていただきます。だいたいは1週間以内に自然と引いてくることがほとんどです。組織的に結膜のほうが伸展性・可動性に富んでいることから特にぶつけたつもりがなくても無意識にこすったり、乾燥によりまばたきの際に自然と引っ張られることで血管が切れてしまったり、治りきらないうちに同じ場所から出血することが多くなっています。

あまり病的な意義に乏しいとされる結膜下出血ですが、出血の量が多い場合は白目がむくみ、涙の分布が変化することで白目や黒目の表面に傷ができてしまうような場合があります。このような場合には点眼での治療が必要となります。

 また繰り返すような場合には血液の異常などが隠れていることもありますので内科の受診が必要になることもあります。

 また自然と発生する単純な結膜下出血の他に、外傷に伴う結膜下出血もあります。ボールが当たったり、殴打されたり、転倒したりしたあとに生じるものです。このような場合の結膜下出血は直達外力が眼に及んだことの証明でもあるため、結膜下出血そのものというより眼の他の部位への損傷がないかを調べるため眼科での精密検査が必要となります。

 また結膜炎の症状の一つとして起こる結膜下出血もあります。この場合には目やにや痛み、涙などの他の症状を伴います。この場合は感染する可能性があるため手洗いを十分行い、他の方に感染させないよう注意をした上で速やかに眼科を受診するようにしてください。  

 充血との違いについてですが、結膜下出血は「本来血液がない場所に血が出ることによって眼が赤くなる」というものです。充血は「炎症などによって増えた血流を反映し、もともとある血管が怒張・拡張して目立つようになった状態」です。赤みは結膜下出血のほうが強いですが、疾患的に注意が必要なのは上記からもわかるように充血の方です。とはいえ充血・結膜下出血の見分けは見慣れないと難しいことがあります。ご自身で判断するのが心配であればまず気軽に眼科にご相談ください。

WEB予約受付 アクセス
MENU